ラノベ「メルヘン・メドヘン」の感想!魔法学園に迷い込んだシンデレラが魔法使いを目指す!?魔法少女ファンタジー!

ライトノベル「メルヘン・メドヘン」が発売されました。

メルヘン・メドヘン (ダッシュエックス文庫)
メルヘン・メドヘン (ダッシュエックス文庫)(AA)

収録話
第一章 鍵村葉月は決められない
第二章 土御門静は揺るがない
第三章 学園長は止められない
第四章 ユーミリアン・カザンは躊躇わない
終章 鍵村葉月はー
第 章 シンデレラは振り向かない
エピローグ。あるいは二人のプロローグ
あとがき

小動物系のオロオロした女の子”鍵村葉月”が魔法学園に迷い込み魔法使いを目指すドタバタコメディっぽさもある魔法少女ファンタジー!
色んなタイプの女の子が登場しニヤニヤ出来る明るい感じで楽しめる部分が大半だけど暗めというかそんな感じな部分も描かれています。
序盤から中盤、終盤の物語展開は結構好みかな。しっかりとした読み応えもあって楽しめました。

続きを読む

 

tag : メルヘン・メドヘン

ラノベ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」第13巻の感想!【今回は秋山さん(セッテ)メイン回!熱い展開に落ちもあるよw】

ライトノベル「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の第13巻が発売!

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)(AA)

収録話
プロローグ 「責任を取らないと!」
一章 「群馬でギルドが解散した」
二章 「光と闇が備わって最強に見えるの?」
三章 「私になら、できる!」
エピローグ 「諦めたら?」
あとがき

第13巻ではついに(?)”秋山さん(セッテ)”がメインの回となっていました。
秋山さんは第1巻から登場しているキャラだけどネトゲをプレイしだしたのも物語の途中からでメインメンバーになってからもちょくちょくスポットは当たるけど物語のメインエピソードは無かったが、第13巻にしてついに秋山さんメインのエピソードがキタ━(゚∀゚)━!
ネトゲではエンジョイ勢だけど珍しく(?)レイドボス戦に参戦するアレイキャッツ、リアルでは生徒会選挙が開催!

続きを読む

 

tag : ネトゲ嫁 ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

ラノベ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」第1巻の感想!ギャルゲーっぽいライトなラブコメかと思ったら変態の地雷原だったw

ライトノベル「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」第1巻が発売されました。

おいでよ、へんたいの森で大草原w
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (MF文庫J)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (MF文庫J)(AA)

収録話
プロローグ
第一章 シンデレラはパンツを落としていきました
第二章 俺の先輩がこんなにアブノーマルなわけがない
第三章 いつからこれが普通のラブコメだと錯覚していた?
第四章 俺の先輩と後輩が修羅場すぎる
第五章 残酷な真実のテーゼ
エピローグ
あとがき

タイトルと冒頭を読んだ感じ、そこまでhentaiレベルが高く無いじゃんwとか思っていたら後半に向けて尻上がりにレベルが高くなっていったw
これはヤバイw

最近ラノベを読む速度が落ちてきているなぁと思っていたけどコレは意外とスルッと読めました。こういう刺激をラノベに求めていたのか!?めちゃくちゃハマりましたwとても面白いし楽しかったです。
叩けばいくらでも出てくる変態キャラ達の構成はとても良いですね。
あとがきでは続編については触れていないようだったけど続きが読みたいと思いました。

続きを読む

 

tag : 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

ラノベ「弱キャラ友崎くん」第3巻の感想!夏休みもリア充生活を攻略!?電子書籍版には特典付属!

ライトノベル「弱キャラ友崎くん」の第3巻が発売されました。

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫 や 2-3)
弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫 や 2-3)(AA)

収録話
1 仲間を揃えて最初の町に戻ると新しいイベントが起きたりする
2 最適なレベル上げポイントはだんだんと変わっていく
3 多人数プレイは多人数プレイなりのよさがある
4 たった一つの選択肢がすべてを変えてしまうこともある
5 難関ダンジョンの扉の鍵は身近なキャラが持っていたりする
6 ヒロインにしか装備できないアイテムには特別な効果がある

ゲーマーがリア充生活を攻略するラノベの第3巻。
第3巻では夏休みのイベントがメインで描かれておりコレをしていたらリア充、アレをしていたらリア充みたいなテンプレートだけでは乗り切れない事態や目標に向かっての努力などリア充生活の大変さが伝わる感じになっていました。
強キャラは強キャラの弱キャラは弱キャラの悩みなども描かれており青春!って感じでした。
青春ラブコメらしさはあるもののゲーム感覚で攻略していく部分はちょっと冷たい感じもしました。

続きを読む

 

tag : 弱キャラ友崎くん

ラノベ「霊感少女は箱の中」の感想!ホラー?ミステリー?いいえ、メルヘンです!?雰囲気があるので冬より夏に読みたいかな。

ライトノベル「霊感少女は箱の中」が発売されました。

霊感少女は箱の中 (電撃文庫)
霊感少女は箱の中 (電撃文庫)(AA)

収録話
序章 箱
一章 転校生は藪の中
二章 チェーンメールは闇の中
三章 占い師は帳の中
四章 スマートフォンは社の中
五章 始まりは終わりの中
六章 終わりは始まりの中
終章 霊感少女は箱の中
あとがき

タイトルと表紙を見てホラー系の話かと思ったら”メルヘン”だそうです。
メルヘンと言われると童話を思い浮かべますが、メルヘンとは”散文(物事を平坦に表した文)による空想的な物語”のことを指すようです。(正確には違うかもしれないので気になる人は自分で調べて下さい。)
霊感少女は箱の中は、学校を舞台におまじないやチェーンメール、都市伝説や怪談話などを繰り広げる”学園メルヘン”になるそうです。
読んでみた感じは確かに感情の起伏は少なめで描かれている視点が第三者的というか本の中で本を読むような感覚?みたいな感じに思いました。
それでもしっかりと雰囲気が出ているので物語に没頭して読み進められました。
ライトノベルと思って読んでいたら挿絵がほぼ無いのでちょっと違和感を感じました。ライトノベルというより文庫とか小説の感じで、ホラーというよりファンタジーな感じになるのかな。
現代の機器と怪談話などを上手く混ぜあわせており臨場感もあり楽しめました。

続きを読む

 

tag : 霊感少女は箱の中

ラノベ「エロマンガ先生」第8巻の感想!【エロマンガ先生に初代が居た!?そして過去話からの・・・】

ライトノベル「エロマンガ先生」第8巻が発売されました。

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫)
エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫)(AA)

第8巻では第一章から第三章までが収録されています。
第一章ではライトノベルがアニメ化されそれらを制作する一難去ってまた一難(解決したとは言っていない)の過酷な現場の惨劇(?)が描かれています。と言っても制作風景よりも登場する女性キャラとの同棲ハーレム展開中なので(?)同衾事件を巡る家族裁判や夜這いされそうになったりとある意味安心のドタバタコメディになっているのでとても楽しめます。
第二章ではアニメ制作関連の仕事の合間に出来た休日でヒロインとの過去回想が描かれており、いきなりどうしたの?とちょっと不思議に思いましたがあとがきに第二章について触れられており短編として描かれたエピソードを本編用に加筆修正したのが第二章になっているそうで、ライトノベル「エロマンガ先生」は短編集という形では書籍化せずに本編のエピソードに絡めるスタイルになるようです。
第三章を読む前だとちょっと違和感があるけど第三章では”和泉正宗”と”エロマンガ先生(紗霧)”の過去話になっており他のヒロインの過去話も収録したという形なら違和感も少ないかな。
第三章では、”和泉正宗”が作家を目指した、”紗霧”がエロマンガ先生というペンネームで絵を描くようになった理由が描かれており物語の核心的な部分に触れる内容となっていました。最後には・・・

続きを読む

 

tag : エロマンガ先生

ラノベ「エクスタス・オンライン」第2巻”Santa-Xを待ちきれない”の感想!【安心のエロス!特にダークエルフがスゴイ!?】

ライトノベル「エクスタス・オンライン」第2巻”Santa-Xを待ちきれない”が発売されました。

エクスタス・オンライン 02.Santa-Xを待ちきれない (角川スニーカー文庫)
エクスタス・オンライン 02.Santa-Xを待ちきれない (角川スニーカー文庫)(AA)

収録話
プロローグ
一章 「魔王殺しの剣」
二章 「ダンジョンを抜けるとそこは」
三章 「サンディアーノの休日」
四章 「破棄されし魔王」
五章 「出航」
六章 「クリスマスの贈り物」
あとがき

VRMMO<エクゾディア・エクソダス>に魔王として閉じ込められ魔王と人間の姿を使い分ける”堂巡駆流”視点で描かれるライトノベル「エクスタス・オンライン」の第2巻が発売されました。
第2巻では、2-Aギルドと魔王軍の衝突も一段落と思ったらそんなことはなくストーリーが進展!
ゲームの攻略はRPGらしくレベルを上げつつクエストをこなし、新たな大陸に足を伸ばしたりとテンポ良く進み、ゲーム外ではゲームに閉じ込められた人たちを救う修正がついに適用されることに!?
無事にゲームからログアウトは出来るのか?第2巻も読み応えがあり楽しめました。

続きを読む

 

tag : エクスタス・オンライン

小説「リトルアーモリー -だから、少女は撃鉄を起こす-」の感想!お固いミリタリー系?いいえ可愛い女の子達を見てニヤニヤする系ですw

小説「リトルアーモリー -だから、少女は撃鉄を起こす-」の第1巻(?)が発売されました。

表紙や挿絵はリトルアーモリーのパッケージイラストを担当する”ふゆの春秋”先生が描いているようです。
リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす (Jノベルライト)
リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす (Jノベルライト)(AA)

収録話
プロローグ
第一章 銃のある光景
第二章 はじめての実戦
第三章 信念と憧憬
第四章 夏の出会い
第五章 覚悟
第六章 助走
第七章 共同演習
第八章 負けたくない!
第九章 逆襲の一年生
エピローグ
GUNS OF LITTLE ARMORY
WORLD OF LITTLE ARMORY

リトルアーモリーというシリーズは知っていてfigma リトルアーモリー 朝戸未世は持っているけど、どういうキャラでどういう世界観でという背景というかあまりイメージ出来ていませんでしたが小説を読んだらある程度理解出来ました。
小説の巻末にリトルアーモリーの世界観の解説が掲載されているのでそこを読むと設定はある程度わかるけどストーリーの流れ的な部分からキャラクターの個性などまではわからないので動いている所を表現する何かがあればなぁと思っていたら小説があるというのを見かけたので購入してみました。
リトルアーモリーのパッケージに描かれている女の子たちはクール系で物静かな印象を受けましたが小説では活発だったり照れ屋だったり様々な表情を見ることが出来るのでイラストから受ける印象とはまた違った印象を受けました。
小説のメインで描かれるのは表紙にも描かれる”朝戸未世”と”白根凛”の二人がメインとなり普段の日常生活や学校生活、人類の敵”イクシス”を戦うための訓練をしたり実戦に行ったりする様子が描かれています。
結構しっかりとした読み応えがあり銃火器に詳しくなくてもスラスラと読めます。銃火器についてわからないのは嫌だ!という場合は巻末の解説を読んでから読めばさらに楽しめると思います。解説でネタバレは無いと思うけど読んでからの方が良いかな?
銃火器が多々登場するのでミリタリー系の戦闘シーン多めかと思うけど読んでみるとそういう要素はもちろんありますがそれよりも女の子たちのキャッキャウフフの方が多いかな。
個人的には戦闘シーン多めでも良いけど、これまでとちょっと違った可愛いイメージの武装JKの物語はかなり良かったです。
続編があるのか知りませんが続きがあるなら読んでみたいですね。

続きを読む

 

tag : リトルアーモリー



広告




   




最近の記事
気になる!ガンプラ
アニソン MP3
オススメ商品(Amazon)
QRコード
QRコード
メールフォーム
お問い合わせ
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
161位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
あくせす
人気記事
ブログ内検索
 
楽天市場