ラノベ「猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1」が発売!【加筆・修正された改訂版】

ライトノベル「猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1」が発売されました。

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)(AA)

収録話
プロローグ
1話 土曜日に始まる
2話 水曜日からの出来事
3話 日曜日の結末
エピローグ

が収録されています。
実写映画化とアニメ企画が進行しているライトノベル「サクラダリセット」の加筆・修正と改題された作品となっています。
改訂版は挿絵が無いのでちょっと読みづらいかもしれないけど文章だけでも「サクラダリセット」という作品を存分に楽しめるはずです。
文字のサイズなども改訂版で変更されていてより読みやすい仕様になっています。
改訂版を読んでみたけど前回から加筆・修正された部分がわからなかった・・・、そりゃ2009年に発売された本の内容を覚えているか?と言われた覚えていないです。時間があれば読み比べしようかな。

第1巻では「サクラダリセット」という作品の世界観や設定の解説などを登場キャラクターの紹介を含めたエピソードが収録されています。
この作品の大部分を占める”能力”についての解説もあり第1巻をしっかり読んでおかないと2巻以降はあまり楽しめないかもしれないほど重要な部分になっていると思います。

作品の雰囲気はものすごく良くライトノベルという雰囲気もあるけどお固い小説の雰囲気もあるように感じました。
自分が普段読んでいる頭を空っぽにしてニヤニヤ、ゲラゲラと楽しめるライトノベルも好きですが、サクラダリセットは明らかに雰囲気の違う作品でとても楽しめました。
物事に対して多角的に思考したり、答えや結末から逆算したかのうようなストーリー構成など読んでいて爽快感というかスッキリ感があってとても良かったです。文字を読むのが苦痛じゃないなら一度読むことをオススメします。
普段ライトノベルなどを読む時は勢い良くササッと読みますがサクラダリセットはササッと読んでしまうのがもったいない感じがするのでじっくりとゆっくり読み進めています。

世界観や能力の使い方、登場キャラクター達の個性や魅力など歯車がしっかりと噛み合っておりこれほど完成度の高いライトノベル作品は珍しいと思います。

読み終わった後の満足感がヤバイくらいあるのと次はどんな物語が展開されるのかという期待感はかなりです。
改訂版は7ヶ月連続リリースとなっており1ヶ月に1冊読めるのでこれから「サクラダリセット」を読むなら改訂版を選んでも良いかもしれないです。
改訂版「サクラダリセット」第1巻好評発売中!
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)(AA)
電子書籍版も同時発売!
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1<サクラダリセット(角川文庫)>(Kindle)

改訂版サクラダリセット第2巻は2016年10月25日発売!
 



カテゴリ別最新記事

tag : サクラダリセット



広告




   


コメントの投稿

非公開コメント



最近の記事
気になる!ガンプラ
アニソン MP3
オススメ商品(Amazon)
QRコード
QRコード
メールフォーム
お問い合わせ
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
173位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
あくせす
人気記事
ブログ内検索
 
楽天市場